マーケティングキャンペーン機能利用料金の計算方法について教えてください。

マーケティングキャンペーン機能は、宛先リストのサイズ(送信通数ではありません)に応じて利用料金が計算されます。

  • 宛先リストのサイズ(=All Contactsの数。Contactsとして登録したメールアドレスのうち重複を除いた数)が2,000件以内の場合、無料でご利用いただけます
  • 2,000件を超えた分に対して10,000件単位で1,400円(税込み)の追加料金が発生します
  • 月内の宛先リストサイズの最大値に対して利用料金が計算されます

注意事項

  • 宛先リストサイズは米国時間(太平洋標準時/PST)基準でカウントされます(※マーケティングキャンペーン以外の利用料は日本標準時で算出されます)
  • 課金対象となっている件数(その月の最大登録件数)を画面上で確認することはできないため、確認の際はこちらのAPIをご利用ください
  • マーケティングキャンペーン利用料はサブユーザごとに独立して計算され、すべて合算した金額が親アカウントに請求されます

 

宛先リストのサイズとマーケティングキャンペーン利用料

宛先リストのサイズ マーケティングキャンペーン利用料(税込)
0~2,000件 0円
2,001~12,000件 1,400円
12,001~22,000件 2,800円
22,001~32,000件 4,200円
・・・ ・・・

 

請求金額の例

■Essentials 40Kプラン(上限4万通)で、2,000件の宛先に対し30回送信した場合(合計6万通)

 基本使用料:1,180円
 上限超過料金:2,600円(2万通×0.13円/通)
 マーケティングキャンペーン利用料:0円(2,000件以内なので無料)
 ────────────────────────────────────────
 ご請求金額:3,780円

 

■Essentials 40Kプラン(上限4万通)で、1万件の宛先に対し6回送信した場合(合計6万通)

 基本使用料:1,180円
 上限超過料金:2,600円(2万通×0.13円/通)
 マーケティングキャンペーン利用料:1,400円(1,400円×1万件分)
 ────────────────────────────────────────
 ご請求金額:5,180円

 

■Pro 100Kプランで、宛先リスト2,000件を「親アカウント」「サブユーザA」「サブユーザB」のそれぞれで登録した場合(送信通数は合計10万通以内)

 基本使用料:9,480円
 親アカウントのマーケティングキャンペーン利用料:0円(2,000件以内なので無料)
 サブユーザAのマーケティングキャンペーン利用料:0円(2,000件以内なので無料)
 サブユーザBのマーケティングキャンペーン利用料:0円(2,000件以内なので無料)
 サブユーザCのマーケティングキャンペーン利用料:0円(0件で未使用)
 ────────────────────────────────────────
 ご請求金額:9,480円

 

■Pro 100Kプランで、全く同じ宛先リスト1万件を「親アカウント」「サブユーザA」「サブユーザB」のそれぞれで登録した場合(送信通数は合計10万通以内)

 基本使用料:9,480円
 親アカウントのマーケティングキャンペーン利用料:1,400円(1,400円×1万件分)
 サブユーザAのマーケティングキャンペーン利用料:1,400円(1,400円×1万件分)
 サブユーザBのマーケティングキャンペーン利用料:1,400円(1,400円×1万件分)
 サブユーザCのマーケティングキャンペーン利用料:0円(0件で未使用)
 ────────────────────────────────────────
 ご請求金額:13,680円


※特定のサブユーザで登録した宛先リストを、後から別のサブユーザに移すことはできません。メールの送信有無に関わらず、2,000件を越えるリストを登録した時点で課金が発生するため、登録の際はアップロード先をよくご確認ください。



他にご質問がございましたら、 お問い合わせ ください。