Deliveredイベントの後にBounceイベントが発生するのは何故ですか?

Activty画面Event Webhookのデータを確認していると、まれに宛先サーバが正常受信応答を返した(Deliveredイベント)後に、配送不能レポート(Non-Delivery Report/NDR)を返す(Bounceイベント)ことがあります。SendGridではこの現象を「Delayed bounce(遅延バウンス)」と呼んでいます。

多くの場合、宛先サーバが一旦メッセージを受け入れた後、最終的な宛先へリレーする中で何らかの問題が起き、実際には宛先に届けることができなかったという場合に発生します。

この現象が発生した場合、通常のBounceイベント発生時と同様、SendGridは宛先メールアドレスをBounceリストに登録し、以降同じ宛先へのメール送信は破棄(Drop)するため、再送を試みる場合はBounceリストから削除する必要があります。



他にご質問がございましたら、 お問い合わせ ください。