SendGrid公式ライブラリと各プログラミング言語で利用できるSMTPライブラリにはどのような違いがありますか?

どちらもメールを送信するという点では変わりはありませんが、 自由度の面で差があります。 メール周りの実装にあまり慣れていない場合は、SendGrid公式ライブラリのご利用をお勧めします。

 

送信手段の差異

  • SendGrid公式ライブラリ
    Web API経由でメール送信
  • 各プログラミング言語で利用できるSMTPライブラリ
    (例:.NET:SmtpClient、PHP:Pear::Mail、SwiftMailer、Java:JavaMail、Ruby:Action Mailerなど)
    SMTP経由でメール送信

 

機能面の差異

  • SendGrid公式ライブラリ
    必要なパラメータ値を指定して送信処理を呼び出すだけなので、簡単に利用できますが、 その分次のような制約事項があります。
  • 各プログラミング言語で利用できるSMTPライブラリ
    SMTPの各機能を活用したメールを送信できるため、自由度は高くなりますが、その分難易度が上がります。SMTP関連の各RFCの概要をある程度把握しておく必要があります。
    例えば次のようなものです。
    • 1行あたりの文字数制限と改行処理
    • 非ASCII文字列のエンコード処理
    • パート構造の組み立て

    ただし、利用できる機能は各ライブラリの実装に依存します。

 

速度面の差異

通信環境や呼びだし側の実装方法にも依存するため、一概にどちらが速いということはありません。

 

Web APIとSMTPの違いについて、詳しくはチュートリアルをご確認ください。



他にご質問がございましたら、 お問い合わせ ください。