Liteプランの送信上限について

迷惑メール業者に悪用されてしまうのを防ぐため、Liteプランでは送信量に上限を設けています。最初の7日間は1日あたり1,000通までしか送信できません。それ以降は、以下の3つの値に応じて上限が引き上げられます。

  • アカウントが有効になってからの経過日数
  • メールの通算リクエスト数
  • レピュテーション

 

以下の表は、1日あたりの送信量の上限についてまとめたものです。上限は「基礎上限+加算分」で算出されます。

基礎上限
「アカウントの経過日数」「メールの通算リクエスト数」「レピュテーション」の3つの条件について、全て満たされている行の値が適用されます。

加算分
条件を満たした分が、基礎上限に加算されます。加算対象となるのは、基礎上限となって
いる行の、1つ下の行の条件のみとなります。

条件    
アカウントの経過日数メールの通数リクエスト数レピュテーション基礎上限
0日 -- -- 1,000通
7日 → +3,000通 50,000通 → +3,000通 80% → +3,000通 10,000通
14日 → +30,000通 500,000通 → +30,000通 90% → +30,000通 100,000通
28日 → +300,000通 5,000,000通 → +300,000通 95% → +300,000通 1,000,000通

 

 

どのような状況のときに上限がいくつになるのか、具体的に見てみましょう。

例1)

  • アカウント作成からの経過日数:10日
  • メールの通算リクエスト数:10,000通
  • レピュテーション:91%

この場合、1日あたりの送信量の上限は
基礎上限1,000通+(経過日数加算3,000通+レピュテーション加算3,000通)=7,000通
ということになります。

例2)

  • アカウント作成からの経過日数:15日
  • メールの通算リクエスト数:49,000通
  • レピュテーション:99%

この場合、メールの通算リクエスト数が50,000通を超えていないため、送信上限は1,000通のままです。
したがって、1日あたりの送信量の上限は
基礎上限1,000通+(経過日数加算3,000通+レピュテーション加算3,000通)=7,000通
ということになります。

 

レピュテーションが下がった場合は、それに応じて上限も引き下げられることに注意してください。これらの値は夜間にチェックされるため、値が変わった瞬間には更新されません。



他にご質問がございましたら、 お問い合わせ ください。