IPウォームアップをどのように進めればよいですか?

IPウォームアップは、メールを大量送信するプログラム(またはサービス)がレピュテーションに深刻な悪影響を与える前に気づくための手段です。送信通数を徐々に増やすことによって、ネガティブな影響を受ける前に、送信ペースを落としたり、中止したりするなど戦略を調整する機会が得られます。

実際のウォームアップスケジュールは次のような様々な要因により大きく影響を受ける可能性があるため、送信状況を確認しながら慎重に進めるようにしてください。

  • 宛先リストが作成されてからの時間
  • 宛先リストクリーニングの質
  • 迷惑メール報告
  • ユーザエンゲージメント
  • ドメインレピュテーション
  • コンテンツ

など

IPウォームアップスケジュールの例についてはこちらを参照してください。

 



他にご質問がございましたら、 お問い合わせ ください。