バウンスイベントのREASONに、宛先とは異なるメールアドレスが載っているのはなぜですか?

このような現象が起こる理由として、宛先アドレスの所有者が設定したメールの転送先でBounceが発生した可能性が考えられます。

REASONの例

「550 <転送先アドレス>:User unknown」

(この例は、「転送先アドレス」が存在しないというエラーです。)

 

■処理の流れ

SendGridから宛先に送られたメールが、宛先アドレスの所有者が行っていた転送設定に従って、別のアドレスに転送される。

 ↓

転送先でBounceが発生し、元メールのReturn-Path(SendGrid)宛に不達通知が返される。

不達通知には、Bounceが発生した転送先アドレスが記載されている。

 ↓

SendGrid上でBounceイベントが発生する。Bounceが発生したアドレスとREASON(不達通知)に記載されているアドレスが異なる。

 

■対応

この場合、宛先のメールアドレスが存在しメールが到達しているにもかかわらず、バウンスリストに宛先アドレスが登録されてしまいます。

一時的にバウンスリストから削除しても次回送信時には再びバウンスイベントが発生することが予想されるため、宛先アドレスの所有者に、転送設定の確認、または転送設定の削除を依頼してください。



他にご質問がございましたら、 お問い合わせ ください。