Domain Authentication または Single Sender Verification(Sender登録)はどちらを設定すればよいですか?

それぞれ以下の特徴があります。到達率の観点から、SendGridとしてはDomain Authenticationの設定を推奨しておりますが、すぐに対応が難しい場合は、暫定措置としてSingle Sender Verificationをご利用ください。

  • Domain Authentication(推奨)
    • ドメイン単位で設定できるので、送信元メールアドレスごとに設定する必要がない
    • SPFとDKIMの認証ドメインを独自ドメインに変更することによって、到達率の向上が期待できる
    • 独自ドメインを利用するために、送信元ドメインのDNSサーバへDNSレコードを登録する必要がある
  • Single Sender Verification
    • 送信者の身元を確認するものでありSPFとDKIMの設定をするわけではないため、DNSレコードの登録は必要ない
    • 受信可能なメールアドレスしか登録できない(送信専用のメールアドレスは不可)
    • SPFとDKIMの認証はsendgrid.netドメインで行われるため、宛先サーバからなりすましと判断されメールが不達となる可能性がある
    • メールアドレス単位で登録する必要があるため、複数のメールアドレスを送信元として利用する場合は、そのすべてを登録する必要がある

他にご質問がございましたら、 お問い合わせ ください。