新機能の使い方がわかるページはありますか?

2024年4月1日から利用可能な新機能の詳細は以下のページ(英語)でご紹介しています。各機能の利用可否はご契約のプランによって異なります。詳しくはこちらをご確認ください。

なお、日本語ドキュメントは現在準備中で、順次公開予定です。

 

Email Activity Feed
従来のActivityの後継機能です。送信したメールの状況を把握できます。
複数条件を指定できる高度な検索やCSV形式でのデータエクスポートが可能です。
こちらの操作動画(日本語)もご覧ください。

 

Additional Email Activity History
Email Activity Feedのイベント保存期間を30日間に延長するアドオンです。

 

Email Activity Feed API
Email Activity Feedのデータ検索やエクスポートをするAPIです。使用方法はこちらのAPIリファレンスをご参照ください。なお、このAPIの利用にはAdditional Email Activity Historyアドオンの購入が必要です。

 

Email Testing
Dynamic Templateで作成したテンプレートについて、以下を確認できる機能です。

  • 様々なメールプロバイダやデバイスでの表示確認
  • 迷惑メール判定されるリスクの検証

機能の特徴はこちら、操作方法はこちらの動画(日本語)をご覧ください。

 

Email Address Validation
宛先メールアドレスの有効性を検証するAPIです。検証結果をダッシュボードで確認したり、CSV形式でデータをダウンロードしたりすることができます。機能の特徴はこちら、APIリファレンスはこちらをご覧ください。

 

SendGrid Single Sign-On
ダッシュボードにシングルサインオンでログインするための機能です。SAML 2.0を使用してSendGridのユーザ認証をIdP(OktaやMicrosoft Azure Active Directoryなど)と統合することができます。APIリファレンスはこちらです。

 

以下の記事もご参照ください。


他にご質問がございましたら、 お問い合わせ ください。