送信リクエストの内容とイベントを紐付ける方法を教えてください

<SendGridが生成するMessage-IDを利用する方法>

Web API v3またはSMTPをご利用の場合で、独自の識別情報を付与する必要がなければ、SendGridが生成するMessage-IDをご利用ください。

SendGridは、送信リクエストを受け付けたタイミングでMessage-IDを生成します。この情報は、送信リクエストの受付時に送信側に返されるとともに、実際に送信されるメールのヘッダやイベントデータにも含まれるため、送信側でこの情報を保持しておけば、送信リクエスト・メール・イベントデータを紐付けることができます。

送信リクエストの受付時に、Message-IDを確認する方法は以下のとおりです。

  • Web API v3の場合 ・・・ 送信リクエスト時のレスポンスに含まれるX-Message-IDヘッダ
  • SMTPの場合 ・・・ 送信リクエストを受け付けたタイミングで返される「250 Ok: queued as xxxxx」の「xxxxx」の部分(telnetコマンドの例はこちら)  

Event Webhookのイベントデータでは、sg_message_idがMessage-IDに相当します。

Activityの画面では、各イベントの「i」マークにマウスオンすると表示される「MSGID」がMessage-IDに相当します。


<送信側でメールの識別情報を付与する方法>

送信側でメールの識別情報を付与したい場合は、以下の方法をご利用ください。

Event WebhookでPOSTされるデータには、送信リクエストで指定したユニーク引数やカスタム引数が含まれるため、送信側で識別情報を保持しておけば、これらを利用してメールを紐付けることができます。



他にご質問がございましたら、 お問い合わせ ください。