トラッキングURLをSSL化(HTTPS化)する手順を教えてください

Link Brandingクリック/開封トラッキングURLは、初期設定のHTTPからHTTPSに変更することが可能です。

これを実現するには、独自ドメインのSSL証明書を配置したリバースプロキシ(CDNサービス等を利用)を用意し、URLクリック時にアクセスを中継させる必要があります。具体的な手順は次のとおりです。

 

手順1. Domain AuthenticationとLink Brandingを設定する

手順2. Link Brandingのドメインにアクセスするとsendgrid.netから応答が返るようにする

手順3. Link Brandingで登録したドメインのアクセス先をCDNに変更する

手順4. 弊社までお問い合わせいただく

 

それぞれの手順の詳細を説明します。以下の例では、example.comドメインからメール送信を行い、トラッキングURLをurlXXXX.example.comに設定するものとします。適宜ご自身のドメインに読み替えてください。

なお、SSL化はアカウント(親アカウント、サブユーザ)単位で設定します。1つのアカウント内に設定された複数のLink Brandingのうち特定のドメインだけをSSL化することはできません。

 

手順1. Domain AuthenticationLink Brandingを設定する

SSL化したいドメインでDomain AuthenticationとLink Brandingを通常通り設定します(既に設定済みの場合は不要です)。その後、Click Tracking機能を有効にしてください。これにより、トラッキングURLのドメインが独自ドメイン(urlXXXX.example.com)に変わります。この時点ではSSL証明書が配置されていないため、HTTPでのアクセスのみ可能です。

Step1.png

設定が完了したら以下を確認してください。

  • Settings > Sender AuthenticationのLink Brandingで、SSL化したいすべてのドメインの設定がVerifiedのステータスになっており、それ以外のドメインの設定が存在しないこと
  • URLを含むメールを送信すると、受信時にhttp://urlXXXX.example.com/*に変換されること
    この変換後のトラッキング用URLは後の手順で使用するため、保存しておいてください

 

手順2. Link Brandingのドメインにアクセスするとsendgrid.netから応答が返るようにする

CDNサービスにLink Brandingを設定した独自ドメイン(urlXXXX.example.com)のSSL証明書を配置します。そして、独自ドメインに対してHTTPSアクセスすると、CDNサービスを中継してsendgrid.netへ到達する構成に変更します。

手順2と3をCDNサービスで行う方法は下記を参考にしてください。

Step2.png

 

手順3. Link Brandingで登録したドメインのアクセス先をCDNに変更する

Link Branding設定時に登録したDNSレコードを修正し、urlXXXX.example.comへのアクセスがCDNサービスに向くようにします。具体的にはAレコードやCNAMEレコードの設定が必要ですが、CDNサービスによって方法は異なります。

DNSレコードの変更後はLink BrandingのVerifyを行わないでください。
 Verifyを実行すると、Link Brandingの設定がエラーになり手順1からやり直す必要があります。

Step3.png

ここまでの手順が完了すると、手順1で保存していたトラッキング用URLにHTTPアクセスすると実サイトにリダイレクトされます。一方、下記URLにHTTPSアクセスすることでCDNサービスに用意したホストにアクセスする状態となります。

https://urlXXXX.example.com

こちらは設定が正しく行われていれば、「404 Not Found」が表示されます。

 

手順4. 弊社までお問い合わせいただく

手順3までが完了したら、以下の情報を添えてサポートまでお問い合わせください。弊社よりSendGrid社に設定変更を依頼します。

  • 本人確認情報
  • サブユーザ機能をご利用の場合のみ)SSL化を適用するサブユーザ名
  • SSL化対象ユーザのSender Authentication(Domain AuthenticationとLink Branding)の設定画面のキャプチャ
  • SSL化対象ユーザのTrackingの設定画面のキャプチャ
  • 手順1で保存したトラッキング用URL

設定変更が完了すると以下のようなフローになります。

Step4.png

なお、複数のサブユーザで同じドメインのSSL化が必要な場合には、親アカウントでLink Brandingを設定し、その設定を各サブユーザに割り当てることをお勧めします。これにより、手順1から3を繰り返し行う必要がなくなります。手順4のお問い合わせ時にはそれぞれのサブユーザの情報をお知らせください。

 

参考


他にご質問がございましたら、 お問い合わせ ください。