メールの開封率が低いのはなぜでしょうか?

Openイベントは、メールのHTMLパートに埋め込んだトラッキング用画像の表示を契機に発生します。想定より開封率が低い場合は、以下の観点で確認します。

  • Open Trackingを無効化している ※SMTPまたはWeb APIで送信している場合のみ
    Open Trackingを無効化した状態で送信すると、メールにトラッキング用画像が埋め込まれません。メールが宛先サーバに受け付けられている(Deliveredイベントが発生している)にも関わらずOpenイベントが一度も発生しない場合は、設定を確認してください。
  • テキストメールを送信している
    トラッキング用画像を使う仕組み上、テキストメールでは開封を検知できません。HTMLメールまたはマルチパートメール(テキストパートとHTMLパートの両方を含むメール)をご利用ください。
  • 受信者がテキストパートを開いている
    マルチパートメールを受信した際にテキストパートとHTMLパートのどちらを表示するかは、受信者の環境に依存します。特定の宛先ドメインだけ極端に開封率が低い場合などは、受信者の環境が原因の可能性があります。
  • 受信者の環境で画像の表示を許可していない
    受信者の環境で画像の表示を許可していない場合、トラッキング用画像へのリクエストが発生しないため、開封を検知できません。
  • メールが迷惑メールフォルダなどに振り分けられている
    迷惑メールにならないための一般的な対策はこちらの記事を参考にしてください。外部の迷惑メール度判定サービスもありますのでお試しください。

送信側の設定に問題がなく、宛先ドメインごとの開封率に大きな偏りがない場合は、開封率を上げる一般的なポイント(参考)を押さえ、受信者に望まれるメールを送るようにしてください。



他にご質問がございましたら、 お問い合わせ ください。